« 2011年9月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年11月

11月号チラシ『ワンダフル!』

ぼちぼち風も冷たくなってきて、
紅葉や、こたつ、あたたかいものが
欲しくなってきましたね!
去年は、ほぼ2ヶ月週末鍋パという快挙を
成し遂げた渡辺ですが、
今年はどうしましょうか!(笑)

すでに、もう2回鍋パをしましたが、
やっぱりいいですね!
同じ釜の飯を食べる。じゃありませんが、
鍋を囲んだり、お風呂に行って裸の付き合いをする。
やっぱり、ぐんと仲良くなれる気がします。

相手の心を開きたい時は焼肉に行くと
いいそうです!
キャンプファイヤーの要領ですかね?
火を囲むと色んな話がしたくなるんですって。

あと、暖かいものを持たせると
人の性格がよくなるらしく、暖かい飲み物を
渡してから相談事をすればいいそうですよ。
また、重いものを持たせると
それが重要だと錯覚するそう。
重要な議題はちょっと重いクリップボードで
渡すといいみたいです。
良い香りのする部屋では人の性格がよくなる。
暗い部屋、サングラスを外さない。などがあると
人は相手をだまそうとするなんてのも。
人ってなかなかむずかしいもんです。

だから今回は犬のイメージのお話を★
犬種によって、もちろんそのコの性格によって
違いますが、大体こんな感じじゃないですか??
日本では、そんな馴染みのない習慣ですが
よく映画や海外ドラマで見かける風景。
わんちゃんが新聞を取りに行くってやつです。

飼い主:「誰か新聞とってきて!」

Gレトリーバー:
「はーい!天気も良いし気分も良いし、
新聞運びにはもってこいの日ね!」
Gシェパード:
「私におまかせください。        
  で、どこを通ればいいのでしょうか?」
ラブレトリーバー:
「ハイったらハイ!僕!僕!僕にやらせて!
いい?いい?ほんと?ウハウハ!もう最高!!」
バセットハウンド:
「まだ昨日の新聞をとりに行く途中なんだよ」
ダックス:「と、とどかない…」
ポインター:「新聞はここ!ここなんだってば!!」
セッター:「今、新聞を追い出すからね…」
シーズー:「ダッコしてポストまで運んでよ」
バーニーズ:「もっと重いものないの?」
ハスキー:「ついでに旅に出たいんですけど…」
ヨーキー:「あらやだ、コートが汚れるじゃないの。
      ボーダーコリーさん、
            悪いけど代わりに行ってくださるぅ?」
グレイハウンド:「逃げない奴にゃ興味無いね」
ニューファン:「泳がない奴にゃ興味無いね」
ビーグル:「新聞? 新聞って何? それって食べられる?
           ごほうびは?他のやつらじゃダメでしょ?
           やっぱ狩猟犬だよね!  
       え?え? 誰がうるさいって?」
バセンジー:「・・・」
サモエド:「・・・」(ニコニコ)
セントバーナード:「あ,食べちゃった…」
ボルゾイ:「余はそのようなくだらぬ用にかかわりを持たぬ」
マスティフ:「俺に指図するたぁいい度胸じゃねえか」
グレートデン:「皆の衆,新聞を取りに行くのじゃ」
Bコリー:「近所の新聞も集めといたよ!」

猫:「いや」

どうでしょう?(笑)
ワタシ的には、ラブラドールがつぼですけど☆
みなさんはどんなタイプのわんちゃんが
お好みでしょうか♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月号チラシ『あの木の上』

『あの木の上』

台風が次から次へとやってきて、
あっという間に涼しくなってしまいましたね。
体調は崩されてませんか??
季節の変わり目が1番、
風邪等ひきやすいですからね。
みなさまご自愛くださいね♪

さて、ワタクシ渡辺は無事友人の結婚式にて、
余興をしてまいりました。
それはもう!ほんまにもう!
大盛り上がり!!大成功でした!
新郎新婦はもちろん、両家のご親族の方から
までも、大絶賛!!
まさかと思うくらいの盛り上がりで、
ちょっと気持ちよかったです(笑)

結婚式って1日中みんな笑顔じゃないですか。
幸せが溢れ出てて、1日中幸せのおすそ分けを
してもらってるような。
そんな素敵な1日を過ごしてきたのでした。

幸せな空間にいると
いつも以上にみんなも、周りに優しくなれたり
気を遣えたり、そんなことありませんか??

幸せな気分になったら、今度は誰かにも
幸せな気分になってもらいたくなる。

優しさや、幸せの連鎖反応ですよね。

今月は、それを続けてたら、
首が伸びた!ってお話です!(笑)

「あの木の上になってる実を食べたい」

そう思った者がいました。

食べたい。
でも高くて届かない。

食べたい。
でも届かない。

食べたい。
でも届かない。

食べたい。
でも届かない。

食べたい。
あれ!?

食べたい。
あれれれ!?

今日は届くかも……

と、と、とどいた。ついに!

来る日も来る日も木の実をとろうと
挑戦を続けた彼はある日ついに
木の実に届いたのです。

でも、彼はその木の実を食べなかった……

低いところにあるこの木の実は
みんなのためにゆずろう。
自分は一番とりにくい
高いところの木の実を食べよう。

そう思い彼は木の実を食べなかったのです。
そして彼の挑戦はさらに続きました。

不屈のチャレンジャー、それはキリン。

木の上になってる実を食べるだけなら
キリンの首があそこまで長くある必要はないんです。

では、なぜあれだけ長くなったのか?

それはキリンの優しさなんです。

キリン。
それは優しさの象徴。

キリン。
それは限界へのチャレンジ。

優しさのためなら、伸ばすよ、首だって。
やってやれないことはないんだよ。

キリンはそう私たちに伝えているんです。

さて、今日、ワタシがもう一つお伝えしたいのは、

みんな、悲しいかな、
キリンのことを知らなすぎるってことなんです。

みんなキリンへの愛が足りないってことなんです。

だってキリンがどう鳴くかすらみんな知らないでしょ?

いいんですか?!

キリンがどう鳴くかすら知らずに
その人生を終えて……(笑)

キリンは「モォーッ」って鳴きます!
子供のキリンは「メェーッ」って鳴きます!

ね?知らなかったでしょ?
キリンのこと好きになったでしょ?
知らなかったこと知ったら幸せになったでしょ?(笑)

明日、学校や職場へいって、教えてあげてください!
『幸せのおすそわけ!』っていいながら♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年2月 »