« 下半期突入です!!! | トップページ | 田園店よりお知らせ。7月10日は・・・ »

7月号チラシ『1秒、1cm』

7月ですね。
夏きた!って言いたいところですが、
雨も多く、夜になると涼しい日も
あるくらい。
早く夏になってほしいと願うばかりです。

そんなワタシは最近よく電車に乗るんです。
どこへ行くのも車派の五條っ子なワタシは、
電車ってどうも苦手なんですよ。

どれに乗ればいいのか分からない(笑)
ちょっと遠い所になると、大冒険な気分。
なんであんな複雑なのに、みんな上手に
乗り換え出来るんかいつも不思議でして。
しかも、電車もちゃんと時間通りに
そのホームで待ってくれてるんですから。
乗換えがスイスイできる人、尊敬します!!

「このバスはいつ出発するんですか?」

運転手にそう尋ねると
「乗客が満員になったら走る」
そんなふうに言われるケースって、
海外を旅行してるとほんとにあるんです。

それに比べて日本の鉄道。
これは恐ろしいほど正確ですよね。

鉄道の定時運転、日本では1分でも遅れると
カウントされるんだそうです。
海外では、15分以上遅れないと遅れとして
カウントされないところがほとんど。
14分なんて遅れじゃないってことです。

脚本家の山田太一さんのインタビューでは、
太一さんは脚本を書くために、
電車の運転手に取材したことがあったそうで、
こんなことが書かれてました。

電車の世界は厳しい世界で、
駅の停車位置を少しでもオーバーランしてしまうと
報告しなければいけない。
あるとき、ある運転手さんは、
ほんの少しオーバーランしてしまう。
一緒に乗っていた車掌は、黙っときますよ、
と言ってくれた。
しかし、その人は責任を感じて
運転手を辞めてしまったというのです。

日本の運転手たちは、
1秒、1cmに人生をかけているのです。

だから、日本では地下鉄ですらピンポイントで
整列しているところにピタリと列車が止まる。
これも外国人に言うと、
「ウソだろ?マジシャンでもいるのか?」
と本気にされないほどです。

日本の新幹線も神業だと思われています。

数分間隔であれだけのスピードで
無事故なんてアンビリーバボーだと。

だって、新幹線の時刻表を見てください。
ひどいときには3分間隔です。
「トーマスクック」というヨーロッパの時刻表を
見てみると、30分間隔。
しかも、それでいてよく遅れるんです。

日本の新幹線はわずかワンミニッツ、
1分の遅れで謝罪放送をします。

外国から日本に来た人はこの放送にビックリしています。

だから、今後は謝罪放送が入ったときに
外国人の方たちの表情を
よく観察しておいてください。
彼らは小声で「ワォ!ワォ!」
って言ってますから(笑)

ちなみに、
飛行機にとって代わられようとしていた
鉄道の可能性を、日本の新幹線が
再確認させて、日本以外でも高速鉄道を
開発するようになったといいます。

そういう意味では、ユーロスターもTGVも、
みな日本の新幹線をモデルとしているのです。

そうそう、
皇族や国賓が乗車する新幹線の
運転手に許される誤差は、なんと
遅れ5秒未満、停止位置は1cm以内らしいです。

日本の運転手はみながアイルトン・セナなんです。

ちなみに、イギリスの高級紙『デイリー・テレグラフ』の
元記者で東京特派員だったコリン・ジョイスさんは、
日本以外では決して見られない風景の一つとして
こんな紹介をしています。

「電車の中で二人連れが立っている。
 座席がひとつ空く。
 お互い譲り合った後に、ようやく一人が席につくと、
 必ずその人は立っている人の荷物を持ってやろうと
 手を差し出す。
 こんな心温まる小さな親切は、
 ぼくは日本以外のどの国でも見たことがない」

当たり前のように今日も正確に走る電車。

それは運転手さんの思いと、
乗客のマナーが一緒になって、
やさしい電車を走らせているんですね。

|

« 下半期突入です!!! | トップページ | 田園店よりお知らせ。7月10日は・・・ »

マニッシュ チラシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1252759/35631250

この記事へのトラックバック一覧です: 7月号チラシ『1秒、1cm』:

« 下半期突入です!!! | トップページ | 田園店よりお知らせ。7月10日は・・・ »